記者会見する菅官房長官=15日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は15日、17~20日に靖国神社で行われる秋季例大祭に合わせた参拝を見送る方針を固めた。複数の政府、与党関係者が明らかにした。首相は自民党関係者を通じて「真榊」と呼ばれる供物を奉納する予定だ。

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、首相や菅氏自身の参拝について「首相が適切に判断する。私も同様だ」と語った。

 河野太郎防衛相は参拝について「予定はありません」と明言した。

 今年の終戦の日に参拝した小泉進次郎環境相は会見で「適切に判断する」と述べるにとどめた。田中和徳復興相は「台風19号の直後で大変な状況にある。まだ決めていない」と語った。