シード4校のうち3校が2回戦で早々と姿を消す波乱の大会は、投打に安定感を見せた第1シードの徳島北が初の栄冠に輝いた。 徳島北は旧チームから投手陣の柱だった右腕エース河野が存在感を示した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。