第31回高松宮殿下記念世界文化賞の記者会見であいさつする坂東玉三郎さん=15日午後、東京都港区

 優れた芸術家に贈られる第31回高松宮殿下記念世界文化賞(日本美術協会主催)で、受賞が決まった歌舞伎俳優の坂東玉三郎さん(69)らが15日、東京都内で記者会見し、喜びを語った。

 演劇・映像部門で受賞した玉三郎さん。振付家の故モーリス・ベジャールさんや映画監督の故アンジェイ・ワイダさんらの名前を挙げ「(私が)共同で芸術作品を作ってきた方々が過去にこの賞を受賞している。今回、ここに並ばせていただけることは大変うれしく、光栄です」と語った。

 さらに「芸術の世界はこの10年、20年で様変わりしてきました。これからも無垢な気持ちを持って作品に向き合いたい」と話した。