ロッテは15日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、17日のドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名することを決めた。最速163キロの剛速球を武器にする高校生投手に、井口資仁監督は「スカウト陣も『この何十年か見た中で一番いい』という評価。世界に羽ばたける投手だと思っている」と高い評価を口にした。

 昨年のドラフト会議で、井口監督は3球団が競合した藤原のくじを引き当てた。佐々木は日本ハムが1位指名を公言しており競合が必至の状況。「昨年の倍(の球団数)は、最低でも来るんじゃないか。何とか当たりくじを引きたい」と願うように話した。