野球独立リーグ日本一を決め、マウンドで喜ぶ徳島の選手=JAバンク徳島スタジアム
牧野監督を胴上げする徳島の選手たち
MVPに輝いた徳島の竹内=JAバンク徳島スタジアム

 野球の独立リーグの日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(GCS)最終戦は15日、JAバンク徳島スタジアムで行われ、四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスが4-3で、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに逆転勝ちし、対戦成績を3勝2敗として2年ぶり3度目の優勝を飾った。MVPには徳島の竹内投手が選ばれた。

 徳島は2-3で迎えた五回、1死一、三塁から内野ゴロの間に1点を奪い同点。なお2死二塁で吉田が左越え二塁打を放ち、勝ち越した。

 GCSは徳島が第1、3戦、栃木が第2、4戦を勝ち、2勝2敗同士で最終戦を迎えていた。