元四国電力社長で、橘湾発電所(阿南市)の開発を進めた山本博(やまもと・ひろし)氏が9日午後7時5分、老衰のため高松市の自宅で死去した。97歳。三好市池田町出身。葬儀は11日に近親者で済ませた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。