【ニューヨーク共同】米動画配信大手ネットフリックスは16日、2019年7~9月期決算の純利益が前年同期比65%増の6億6524万ドル(約720億円)だったと発表した。売上高は31%増の52億4490万ドルだった。「ストレンジャー・シングス 未知の世界」など人気作品効果で加入者が増えた。

 世界の有料加入者数は9月末時点で1億5833万人。前期末から677万人増えた。俳優の山田孝之さんが主人公を演じた「全裸監督」は日本に加え、アジア全体でヒットしたという。

 動画配信サービスを巡って、米アップルや米ウォルト・ディズニーが11月に参入予定で、競争激化の見通し。