児童虐待をテーマにしたルポライター杉山春さんの講演会が19日、阿南市の富岡公民館で開かれる。地元の市民団体「パープルシードあなん」が参加を募っている。

 杉山さんは2010年に大阪市で3歳と1歳の子どもが遺体で見つかった「2幼児置き去り死亡事件」など、近年の虐待事件に関する著書を出している。講演では虐待した親の置かれた状況に触れ、どうすれば周囲がSOSを受け取って虐待を防げるかを考える。

 午後1時半から。無料。問い合わせはパープルシード代表の福谷さん<電090(1003)6352>。