徳島中央署は18日、徳島市川内町の会社員の男(45)を道交法違反(酒酔い運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は18日午前4時前、徳島市住吉6の市道で酒に酔って乗用車を運転したとしている。

 通行人から「阿波しらさぎ大橋で車が止まっている」と110番があり、徳島中央署員が声を掛けたところ、車は走り出し、近くの店舗駐車場で停車。追い掛けた署員が飲酒検知した。