写真を拡大 「Lemon」

 日本レコード協会が18日、2019年9月度の有料音楽配信認定作品を発表し、徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんの「Lemon」がトリプルミリオンに認定された。18年2月12日の配信開始から596日での達成となり、14年の認定基準変更以降、シングルトラックでは最速のトリプルミリオン認定となった。

写真を拡大 「灰色と青(+菅田将暉)」
 
写真を拡大 「馬と鹿」
 

 シングルトラックでのトリプルミリオン認定以上は、青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」(14年3月度認定、08年1月23日配信開始)、GReeeeN「キセキ」(15年7月度認定、08年6月4日配信開始)に続き3作品目。米津さんは「灰色と青(+菅田将暉)」「馬と鹿」の2作品でダブルプラチナ認定も受けた。

写真を拡大 「まちがいさがし」
 
写真を拡大 「Pretender」
 

 米津さん以外の作品では、ダブルプラチナに菅田将暉さん「まちがいさがし」、プラチナにOfficial髭男dism「Pretender」、どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」、RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」が認定された。

写真を拡大 「ようこそジャパリパークへ」
 
写真を拡大 「愛にできることはまだあるかい」
 

<有料音楽配信認定基準>ゴールド10万DL以上、プラチナ25万DL以上、ダブルプラチナ50万DL以上、トリプルプラチナ75万DL以上、ミリオン100万DL以上、2ミリオン200万DL以上、トリプルミリオン300万DL以上