那賀町は、町内に約4万ヘクタールある私有人工林の所有者に対し、経営管理に関する意向調査を始めた。手入れが不十分な私有林の管理を市町村が仲介役となって林業従事者に委託できるようにした森林経営管理法の施行に伴う準備の一環。

 林地台帳で森林所有者と確認できた6千人に調査票を発送し、森林の場所や境界、現況などについて尋ねる。本年度は、大字程度の広さでモデル地区を2カ所決め、森林管理を委ねる意思の有無など詳しい意向調査を進める。来年度以降はモデル地区を4、5カ所に増やす予定。

 25、26の両日には、町林業ビジネスセンターで森林所有者を対象にした制度説明会と相談会を午後1時から開く。12月には徳島市のアスティとくしまでも開く。