総合建設業の姫野組(徳島市)が、工事現場へのICT(情報通信技術)機器の導入を進めている。省力化や効率化により生産性を高め、人手不足の中で働き方改革や多様な人材の採用につなげるのが狙い。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。