首都圏を中心にインフルエンザが早くも流行期に入っている。徳島県内では、まだ多くはない。 2018年は全国で約189万8千人の患者が出た。これは大流行した2009年の約306万7千人に次ぐ数字だ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。