抗議活動に参加する市民ら=19日、香港(共同)

 【香港共同】香港の民主派団体「民間人権陣線」は19日、九竜地区で20日に予定していた大規模デモの中止を発表した。警察が公共の安全を理由にデモを不許可とし、不服申し立ても退けられたため「(合法的な)デモが行えない」と判断した。香港メディアが伝えた。

 大規模デモは、抗議活動でのマスク着用を禁じる「覆面禁止法」の撤廃などを求め、繁華街チムサチョイ(尖沙咀)の公園から、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道の「西九竜駅」まで行進する予定だった。20日は再び無許可デモが決行される可能性が高く、混乱が懸念されている。