南海トラフ巨大地震が起きる可能性が高まった際、気象庁が発表する臨時情報を周知する講演会(県など主催)が18日夜、海陽町役場海南庁舎であり、住民ら約40人が参加した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。