阿波踊りの魅力を表現した力作が並ぶ入賞作品展=徳島市の阿波おどり会館

 第66回阿波踊り写真コンクールの入賞作品展(徳島新聞社主催)が19日、徳島市の阿波おどり会館で始まった。11月1日まで。入場無料。

 応募549点から選ばれた第1席の推薦1点、特選3点、入選20点を展示。推薦の増田実さん(68)=鳴門市撫養町木津、農業=の「阿波っ子魂」は、大雨の中で大太鼓を打つ奏者を背後から低いアングルで撮影し、迫力ある雰囲気を伝えている。

 このほか、スローシャッターで男踊りの激しさを表現したり、踊り子の影を印象的に捉えたりと、工夫を凝らした力作が並ぶ。

 訪れていた福井邦博さん(79)=阿南市宝田町久保田、社会保険労務士=は「躍動感ある作品が多い。踊りの魅力が伝わってきた」と話した。