19日、うねりを伴う波があり、県釣連盟の日和佐・木岐磯釣り大会は順延となった。また大雨の予報もあり、午前中は釣り人の姿はあまり見られなかった。

 [川]<勝浦川>19日、アユ漁の禁漁までの最終日、野上周辺で10時から5時間ほどコロガシで藍住町の人が、18~23センチを主体に14~28センチのアユ57匹。近くでも11匹。少し下流でも140匹。各所で30~50匹。

 [磯]<福村>19日、南西の風が強かったが、午後から北寄りに変わった。水潮気味の上、泥濁りで水温22・1~22・5度。うねりもあり比較的波に強いハエも波が上がり、一時激しい雨も降った。上ノハナでTEAM磯FINALISTの福原健さんがハリス1・2号で市販の加工沖アミ、黄色と赤いネリ餌を使い分け37~45センチのチヌ4匹と35、36センチのアイゴ2匹、23センチのマダイ5匹。大型のチヌのバラシが1回あった。

 <中林>19日、南西の風が強くうねりもあり、エンバエの東は波がかぶっていた。8時すぎから沖スの谷ウラに上がった人が30、35センチのチヌ2匹と23~27センチのグレ12匹、28~35センチのアイゴ4匹、25センチのトツカアジ1匹。14時に納竿した。

 [波止]<橘港>19日、薄濁りがあったが、次第に澄みだした。中央付近で14時半から阿南市の人が、28センチのグレ1匹と25、27センチのチヌ2匹。先端付近から西向きでも23センチのチヌ1匹。餌取りにフグが多く、アタリがないのにハリがなくなったり、ハリスをかじられたりしてかなり釣りづらかった。

 <和田島大手海岸T字ブロック>18日、南寄りの風で激しい雨が降る中、18時から半時間ほど冷凍キビナゴを餌にテンヤで引き釣りをした人が指幅3本前後のタチウオ3匹。17日も近くで18時半から1時間半、指幅3本前後のタチウオ17匹。

 [ルアー]<中林海岸>19日、少し波が高かった。10時から約1時間、阿南市の人が小型のミノウとジグにサビキを付けて投げ歩き、20~25センチのメッキアジ3匹と47センチのハマチ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>18日、9時ごろから雨が降りだした。ヤカタで30センチ前後のサヨリ200匹。別のヤカタでは釣ったアジを餌に45センチのハマチ1匹。サシ餌をダンゴに包みカカリ釣りは2人が20~28センチのチヌ22匹。吸い込み仕掛けでボラを狙った3人は合わせて30匹。(県釣連盟報道部)