教師の資格をうんぬんする前に、人間として許されない。

 神戸市の市立小学校で30~40代の男女4人の教諭が、20代の男性教諭にいじめを繰り返していた問題である。

 熱湯の入ったやかんを顔に押し付ける。首を絞めて呼吸困難にさせたり、焼き肉のたれやドレッシングを大量に飲ませたりもしていた。羽交い締めにして激辛カレーを食べさせる様子は動画に残っている。いじめは50種類を超え、別の同僚数人にも暴言やセクハラを行っていたというから常軌を逸している。

 子どもたちまで巻き込んでいたから罪は重い。40代の女性教諭は「反抗しまくって学級つぶしたれ」と児童にけしかけたとされる。

 問題発覚後、ショックを受けて学校を休む児童もいる。信頼していた教員に裏切られた心の傷は深い。子どもたちへのケアが欠かせない。

 加害教諭は今になって反省の弁を述べているが、当初は「悪ふざけのつもりだった」と言い訳をしていた。人間性を疑われる人物が学校運営の中心的存在で、子どものいじめ防止にも関わっていたのにはあきれる。

 いじめを受けていた男性教諭は不眠や嘔吐に悩まされ、9月から欠勤しており、被害届を兵庫県警に提出した。刑事事件として捜査してもらうのは当然だろう。

 度重なる悪質ないじめを野放しにしてきた学校の責任は重大である。

 今回、公になったのは、市教委が9月に男性教諭の家族の訴えで情報を得たのがきっかけだ。校長は「隠蔽はなかった」とするが、いじめは2017年度に始まったとみられ、管理職が気付かないのはおかしい。

 男性教諭は昨年末に被害を打ち明けようとした際、前校長から「いじめられてないよな」と諭されて言い出せなかったという。前校長は今年2月にも、「いじりの度が過ぎる」と他の教員から報告を受けたにもかかわらず、男性教諭が「大丈夫です」と答えたので詳しい調査を怠った。

 教頭から昇格した現校長も6月、いじめを見かねた教員から相談を受け、男性教諭が尻をたたかれてみみず腫れができていることを把握しながら、市教委には「人間関係のトラブルがあったが解決した」と報告していた。

 管理職は見て見ぬふりをしてきたとしか思えない。大ごとにしたくないという心理が働いたのだろう。いじめに歯止めをかける機会は何度もあったのに、目を背けてきたのではないか。

 こうした事態に陥った要因の一つが学校の閉鎖性だ。教員の行状は外部から見えにくい。学校は事なかれ体質に陥りやすく、不祥事があっても内部で収めようとする。

 それは全国の学校に通じる問題だと言える。他の学校でも教員によるいじめやパワハラがはびこっている恐れがある。自治体は早急に実態を調査すべきだ。