20日、南アフリカ・ヨハネスブルクのパブリックビューイング会場で、南アの勝利に喜びを爆発させるファン(共同)

 【ヨハネスブルク共同】ラグビー・ワールドカップ(W杯)準々決勝で日本と南アフリカが対戦し、南ア最大都市ヨハネスブルクのパブリックビューイング会場には20日、同国代表の緑色のユニホームを着たファン約1500人が詰めかけた。南アが勝利を決めた瞬間、国旗を振ってリズミカルに踊りだす人もおり、興奮は最高潮に達した。

 観客からは「南アはミスが目立った」との批判が出た一方で「前半で日本は絶妙なポジションにいて、うまく試合の流れに乗っていた。ハラハラした」と健闘をたたえる声が上がった。