浮助連から手ほどきを受け、踊りを満喫する外国人旅行者=徳島市の新町川水際公園

 外国人旅行者に阿波踊りをPRしようと、徳島市の両国本町商店街振興組合が20日、有名連・浮助連による体験教室を商店街周辺で開いた。

 商店街の店舗を借りて行い、フランスとカナダからの旅行客2組6人が参加。浮助連の中村睦男連長(66)から「両手を高く上げ、手足を交互に前に出しながら進んで」と手ほどきを受け、何度も手足を動かして覚えた。

 無地のうちわに墨で好きな漢字を書き、オリジナルのうちわを作製。法被と鉢巻きを身に着け、日曜市が催されている近くの新町川水際公園で踊りを披露した。

 家族3人と訪れたフランス人男性(46)は「リズムが楽しくて面白かった。旅のいい思い出ができた」と満足そうだった。

 教室は11月17日と12月15日にも開く。