徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(97)が20日、京都市の寂庵で法話の会を開いた。 瀬戸内さんは150人余りの聴衆を前に「戦争を二度と起こすばかはいないと思ったけど、分からない。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。