『CanCam』12月号の表紙を飾るKing & Prince(通常版表紙)

 人気グループ・King & Princeが、23日発売の女性ファッション誌『CanCam』12月号(小学館)の表紙に登場。モノトーンの大人っぽい“デート服”コーディネイトで、約1年ぶりに同誌のカバーを飾った。

【限定版表紙】クール&キュート…さまざまな表情を見せるキンプリ

 12ページのグラビアはすべて恋人目線で撮影され、まるで特別な夜をふたりで過ごしているような気分に。平野紫耀が車から降りてそっと手を差し伸べるカットは、胸キュン必至の一枚となっている。メンバーは自らのデート服もセレクトし、高橋海人は。「チェックのコートが好きなんですよね。今年買いました!それでイルミネーションを一緒に見に行きたいです」と語ると、神宮寺勇太は「チェスターコート。キレイめに見えるからデートで着てたら女子ウケもよさそう(笑)」(神宮寺勇太さん)と勝負服のこだわりを明かした。

 インタビューでは「最高のクリスマスデートプラン」を披露。平野紫耀は「仕事場まで車で迎えに行って買い物して、ごはんはおしゃれなレストランへ!」。ディナーは彼女の好きな料理があるレストランの個室。食事の前には「ディナーに着ていく用の服を買ってあげたいので洋服屋さんに行く」と完璧なエスコートぶりを披露。プレゼントは「事前の会話で女のコの好みをリサーチしておきたい派」という。

 さらに、“大切な夜を一緒に過ごしたい理想の女のコ”をイラストで描いてもらうコーナーも。永瀬廉が「ホクロがあるとかわいいよね」、岸優太が「ポイントはやはりオーラですよね」と説明するイラストの中には、メンバーから「何これ、ヒドい!」というツッコミも飛び出す。

 同号は表紙が異なる限定版の「King & Princeスペシャル号」も同時発売。証明写真のようなサイズで、さまざまな表情を魅せる5人をたっぷり楽しむことができる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。