ストップモーションアニメを制作する生徒=美馬市の美馬中

 子どもたちに将来の仕事について考えてもらう出前授業が、美馬市美馬町の美馬中学校であり、1年生56人が映像作家らの話に聞き入った。

 那賀町木頭の映像作家タイラー・ワキさん(35)、美馬市脇町西赤谷の建築士湯藤佳枝さん(42)、三好市池田町シマのコーヒースタンド経営牛尾幸代さん(44)が仕事の内容を説明した。

 生徒は、黒板に描いた絵が動いているように見えるストップモーションアニメを制作。飛び出す絵本のような折り紙建築を作ったり、マシュマロやバナナなど好きな具材を入れたマフィンを焼いたりした。

 都築春翔さん(13)は「いろいろな仕事に興味を持って挑戦したい」と話した。

 出前授業は、映像制作などを手掛けるプラットイーズ(東京)のサテライトオフィス「えんがわオフィス」(神山町)が企画した。