阿波市は、阿波町東原にある旧市役所周辺の敷地の愛称を募っている。市民に親しみを持ってもらうのが狙いで、締め切りは31日。

 敷地(約2万3000平方メートル)には、テニスコートや市立阿波図書館、農村環境改善センターなどの施設がある。現在、減築工事などが行われている旧市役所は、2020年4月から「運転免許更新センター」や「子育て支援センター」、特産品を販売するブースなどが入る複合施設に生まれ変わる。採用した愛称は道路案内板などに使用する予定。

 対象者は市在住者か在勤・在学者。1人何点でも応募できる。最優秀賞には、賞金2万円と市の特産認証品詰め合わせセット(1万円相当)を贈る。

 指定の応募用紙に愛称とその説明、住所などを記入し、電子メールや郵送などで送る。問い合わせは市契約管財課<電0883(36)8704>。