天皇陛下の即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」が22日午後、国事行為として皇居・宮殿で執り行われた。陛下は玉座「高御座(たかみくら)」に立ち内外に即位を宣言し、「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられた。

 新憲法下で催された平成時の正殿の儀は、戦前の様式を倣ったことから、憲法が定める国民主権や政教分離の原則に反するとの強い批判が出たが、政府は今回も前回の様式を踏襲した。

 台風19号の被害拡大を受け、パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」は11月10日に延期された。

 正殿の儀は、「松の間」で行われ、古式装束「黄櫨染袍(こうろぜんのほう)」を着た陛下が、天孫降臨神話に由来する高御座に上り、即位を宣言。皇位のしるしとされる「三種の神器」のうち剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))が、国の印の「国璽(こくじ)」と天皇の印の「御璽(ぎょじ)」とともに高御座に置かれた。皇后さまは十二単(ひとえ)姿で隣の「御帳台(みちょうだい)」に立った。

 安倍晋三首相が祝辞の「寿詞(よごと)」を述べ、参列者と共に万歳を三唱。政府は194カ国や各界の代表など2千人以上を招待し、外国の元首や王族、政府高官のほか、皇族や三権の長、知事らが参列した。  夜には宮殿で祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が催され、天皇、皇后両陛下が外国賓客らと飲食を共にする。