石段を駆け下りる屋台=吉野川市山川町の川田八幡神社

 吉野川市山川町の川田八幡神社で22日、恒例の秋祭りがあった。屋台を担いで境内までの石段を駆け上がる名物の「暴れ屋台」が行われ、大勢の見物客が見入った。

 氏子約200人が町、奥、古堂の各地区ごとに、重さ1~2トンの屋台を担いで神社前に集まった。「さーせい」と威勢の良い掛け声を上げながら1台ずつスタート。約50段を往復した。

 境内では、五穀豊穣を願う県無形民俗文化財の神代御宝踊りと浦安の舞が奉納された。