昨年行われた「神山アーティスト・イン・レジデンス」の作品展覧会=神山町神領

 国内外の芸術家を神山町に招き創作活動に取り組んでもらう「神山アーティスト・イン・レジデンス(KAIR)」の作品展覧会が27日から始まる。初日は招待作家3人と一緒に町内6カ所に展示した作品を巡るツアーが開かれる。

 作家は宮城県出身の狩野哲郎さん(39)、東京都出身の村上郁さん(37)、オーストリア出身のリナス・リープラーさん(35)の3人。8月から町内で制作を始め、大粟山や旧名西酒造酒蔵、劇場寄井座など6カ所で襖からくりをモチーフにした造形作品などを完成させた。

 ツアーは27日午前9時45分に町農村環境改善センターへ集合。ツアー、作品鑑賞とも無料。11月10日まで(5~8日は休館)。問い合わせは実行委<電088(676)1178>。