部員11人で四国大会に駒を進めた川島だったが、1年生主体の経験不足が攻守のミスにつながった。打線は2桁の10安打を放ちながらもつながりを欠いて完封負け。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。