握手する読売巨人軍スカウト部の野間口氏(左)と、徳島インディゴソックスの平間=JRホテルクレメント徳島

 プロ野球ドラフト会議で巨人から育成1位指名された徳島インディゴソックスの平間隼人内野手(23)=牟岐町出身、鳴門渦潮高出=が29日、徳島市のJRホテルクレメント徳島で長谷川国利スカウト部長らから指名のあいさつを受けた。

 原辰徳監督のサインが入ったドラフト会議のIDカードを贈られた平間は、念願のプロ入りの実感が湧いてきた様子。早期の支配下登録を目指し「県民に東京ドームで元気にプレーする姿を早く見せられるよう、トレーニング初日からアピールする」と決意を新たにした。徳島から育成ドラフトで巨人入りし、今季1軍で活躍した増田大輝とはオフに練習を共にする仲。同じ内野手とあって「追い付き、追い越せの精神で頑張る」とライバル心ものぞかせた。

 平間のプレーを3年間見てきた野間口貴彦担当スカウトは「積極的な打撃と走塁が魅力。一度野球を離れ、戻ってきてから急成長した。若手にいい影響を与えると思うので早く支配下に入ってほしい」と期待した。