タヌキの塗り絵を楽しむ来場者=徳島市の藍場浜公園

 第42回阿波の狸まつり(ふるさとカーニバル実行委主催)が2日、徳島市の藍場浜公園で始まった。特産品の販売やライブなどがあり、家族連れらでにぎわった。4日まで。

 81のブースがあり、タヌキのお面を作る教室では、子どもらが思い思いの作品を仕上げた。県内20市町村の特産品を販売するコーナーでは、来場者が新鮮な野菜や果物などを品定めしていた。

 特設ステージでは、徳島を拠点に活動するシンガー・ソングライター皆谷尚美さんが歌声を披露した。

 タヌキの塗り絵をしたわかば認定こども園(徳島市)の大西健斗ちゃん(4)は「かわいく描けた。帰ってパパに見せたい」と笑顔だった。3日はタヌキ伝説を基にしたミュージカル、4日には物まねタレント神奈月さんのお笑いライブなどがある。