大西氏の証人喚問が行われた百条委=徳島市議会協議会室

 岡孝治徳島市議が市に対し、一般廃棄物処理業者に厳しい処分をするよう働き掛けたとされる問題で、市議会の調査特別委員会(百条委)は11日、当時の市民環境部長だった大西孝佳氏(現交通局長)を証人喚問した。大西氏は、岡市議が不当な働き掛けを行ったとする第三者調査団(代表・浅田隆幸弁護士、3人)の調査報告書の内容を大筋で認めた。一方、「(岡市議からの)指示があったのはほとんど多田昭弘前第1副市長と同席の場だった」などと述べ、自身への直接的な指示については否定した。

 百条委では、山本武生委員長があらかじめ決められた25項目の主尋問を行った。

 この中で調査報告書の中身に関する事実確認が行われ、大西氏は、2016年3月31日に原秀樹前市長が業者の不許可処分を決めた際の市長室でのやりとりや、15年10月に岡市議から処分に向けた工程表を作るよう指示があったとされることについて「おおむねご質問のようなことと記憶している」などと認めた。
 
 岡市議からの指示は多田氏が同席している場で行われたり、多田氏を通じて行われたりしていたと強調。「副市長と協議し、その指示を踏まえて対応していた」として、自身への直接的な指示はなかったとした。
 
 報告書では、昨年3月31日の市長室でのやりとりの内容などから、同日中に「業者を不許可処分にするよう働き掛けがなされたと推認される」と結論付けた。大西氏はこの部分に関連し「不許可処分の話は同月30日に多田氏から指示があったが、多田氏は同月初旬の段階で原前市長から指示を受けているようだった」と証言。報告書の内容との食い違いを見せた。
 
 証人喚問に先立ち、報告書を作った第三者調査団の3人への参考人聴取もあり、3人は、働き掛けがあったと推認するに至った経緯や、働き掛けの不当性などについて説明した。

 ◎法律に基づき話をした

 岡孝治市議の話 職員に対し、議場など公の場で発言したことへの報告や相談を受けたことはあるが、指示を出したことはない。今回の業者の処分に関しても報告を受けたが、法律に照らせば本来は免許取り消しとなるケース。法律に基づいて話をしており、問題はない。