新田さんが作った「冷製枝豆豆乳ムース」

 高校生を対象にした豆乳を使った料理のコンテスト「第6回豆乳レシピ甲子園」(日本豆乳協会主催)の豆乳おかず部門で、小松島西高(小松島市)の食物科1年新田乃麗さん(16)が第2席の優秀賞に選ばれた。県内からの入賞は初めて。

 新田さんは「冷製枝豆豆乳ムース」を考案。枝豆と豆乳で作ったムースを器に盛り、昆布茶とコンソメのスープをかけた。枝豆と小エビを添え冷やしてから食べる。

 「枝豆と豆乳は同じ大豆なので、調和の取れた味になると思った」と新田さん。枝豆をムースにすると苦みが残るため、豆乳の分量を調整してまろやかな味に仕上げるのに苦労したという。

 レシピ甲子園は4部門あり、豆乳おかず部門には192件の応募があった。味や調理のしやすさ、見た目などが審査された。

 レシピは近く、日本豆乳協会のホームページで公開する。新田さんは「豆乳は栄養分が豊富で健康に良い。多くの人に食べてほしい」と話している。