[磯]<福村>7日、風は穏やかだったが、台風の影響かうねりが高かった。水温20・8度。二階東で23~37センチのチヌ4匹と22~29センチのグレ、27~33センチのアイゴを各7匹、25センチのマダイ1匹。ツナカケは26~48・5センチのチヌ12匹と29~35センチのアイゴ8匹、23~26センチのマダイ4匹。

 <伊島>7日、高いうねりのため11時ごろに撤収した。上がれたハエも釣りづらく、目立った釣果は聞かれなかった。水島は2人で30~35センチのイサギ7匹と30、35センチのアイゴ、25センチのマダイを各2匹。オンビキで40~46センチのグレ5匹。マルジュウで小松島市の女性が37~45センチのチヌ3匹。

 <大島>7日、うねりが高く上がれるハエは限られた。水温23・8度。オハナ地で20~25センチのイサギ5匹と25~30センチのアイゴ10匹、23~25センチのイシガキダイ3匹。マドはカゴ釣りで25~31センチのイサギ10匹と40センチのツバス2匹。

 <宍喰>7日、水温22度。うねりが高くクラセから松の中に替わった2人が30~38センチのグレ12匹。ほかにも取り込めないアタリも多く、太めのハリスを使う方がいいようだ。

 [波止]<粟津離岸堤>7日、うねりのため潮の濁りが幸いしたのか、チヌとグレの食いがよかった。6番は7人がフカセ釣りで、30~40センチのチヌと28センチ前後のグレを中型クーラーに6~8分目。

 <小松島港沖ノ一文字>7日、赤灯で15センチのアジ約50匹と釣ったアジを泳がせて45センチのハマチ2匹。グレ狙いは、同所と中央の間で23~25センチを主体に30センチまでを2人が30、40匹。中央付近では3人が23~25センチを主体に27センチまでを各自30匹。白灯でも同型を20匹と30センチ前後のチヌ3匹。別の人が15センチ前後のアジ100匹。

 <赤石東ふ頭>7日、早朝から4時間、指幅2本半~3本半のタチウオ9匹。

 <和田島漁港>7日、早朝の3時間、指幅2本半~3本半のタチウオ10匹。

 [イカダ]<ウチノ海>7日、風は穏やか。中央付近のヤカタでアジを餌に80センチのメジロ1匹。別の人も49センチのハマチ1匹。サヨリ狙いはサオ頭の人が30センチ前後を約200匹。別の人は50~150匹。ヨウセイエビを餌に20~25センチのマダイ20匹。(県釣連盟報道部)