徳島市のとくしま動物園北島建設の森で6月ごろ、ホッキョクグマ「ポロロ」のパドック内に、ゴム製のスーパーボール(直径2~3センチ)が投げ込まれていたことが8日、分かった。園は来園者が投げ込んだ可能性があるとして、見回りを強化している。

 園によると、スーパーボールで遊ぶポロロを見た来園者が「あれはおもちゃですか」と職員に尋ねて気付いた。職員はポロロが誤って飲み込まないようすぐに回収した。

 園は、全国の動物園で同様の事例が相次いでいた時期と重なることから、来園者が面白半分に投げ込んだのではないかとみて「誤飲して体内で詰まると大変なことになる。絶対にしないで」と呼び掛けている。