『ベストアーティスト2019』で総合司会を務める櫻井翔

 人気グループ・嵐の櫻井翔が、27日に放送される日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト2019』(後7:00)で11回連続となる総合司会を務めることがわかった。年末の同局恒例となった大型歌番組が4時間にわたって生放送され、『2019年を彩った豪華アーティストが大集結!』をテーマにおよそ40組が出演する。

■櫻井翔のTV出演歴

 今年もメドレーは豊富なラインナップを用意。、まずは、日本中が熱気に沸いた『ラグビースペシャルメドレー』に嵐、Little Glee Monster、麻倉未稀が参加し、ラグビーを盛り上げた曲をメドレーで届ける。

 ラグビーワールドカップスペシャルサポーターも務めた櫻井は「これだけ盛り上がったということもあり、今年はラグビーの年だったなと思います。冒頭のオープニングからラグビースペシャルメドレーから始まるので、今年を象徴する始まり方をするのかなと」と期待を寄せる。

 また、見どころとして「ベストアーティストならではの、ベストアーティストでしか見られないようなコラボレーションも楽しんでもらえたらうれしいです」と紹介。「あれだけのアーティストの皆さんのパフォーマンスを、一番近くで、生で見られるなんて、とてもぜいたくな時間で役得です(笑)。4時間はあっという間だと思いますので、例年通り、楽しみながら進行していきたいと思います」と当日を心待ちにしている。

 なお、櫻井とともに司会を羽鳥慎一、徳島えりかアナウンサーが務める。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。