熱戦を繰り広げる子ども力士=鳴門市撫養町の金刀比羅神社

 鳴門市撫養町木津の金刀比羅神社で9日、「わんぱくこんぴら相撲大会」があり、幼稚園児から小学6年生までの約100人が熱い取組を繰り広げた。

 江戸時代から残る土俵で団体戦と学年別の個人戦を行った。まわしを締めた子どもたちがぶつかったり押し合ったり。観覧席からは「頑張れ、負けるなー」と大きな声援が送られた。

 初参加した同市の成稔幼稚園の櫻木結斗ちゃん(5)は「相手を押し出した時は気持ちよかった」と話した。

 大会は、神社総代や市相撲連盟などが例大祭の奉納行事として毎年開いている。