美馬警察署

 9日午後4時35分ごろ、つるぎ町の八面山(1312メートル)山頂から下山していた夫婦から携帯電話で「道に迷った」との119番があった。消防から連絡を受けた県警が、携帯電話の位置情報から八面山山頂から西に2・4キロの同町一宇の山中と特定。美馬署と美馬西部消防組合が救助に向かったが、たどり着く前に暗くなり、午後6時半に捜索を打ち切った。

 美馬署によると、通話の内容から夫婦はいずれも70代とみられ、けがはない。軽食や防寒着は持っているという。署は夫婦に、その場から離れないよう指示した。10日朝に捜索を再開する。