『濱正悟2020年カレンダー』の表紙カット

 俳優の濱正悟の2020年カレンダー(ハゴロモ、30日発売)の表紙カットが12日、解禁された。テーマはセルフプロデュースで、オール私服で撮影されたプライベート感あふれる作品となった。

【別カット】クールな表情で見つめる濱正悟

 テレビ朝日『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』やMBS『コーヒー&バニラ』などに出演し、人気を集めた濱。昨年に続き、2年連続で発売となる今回のカレンダーは昨年同様リングタイプの卓上サイズで、撮影を横浜にて敢行。“セルフプロデュース”をテーマに洋服好きを生かし、濱自身がすべての衣装を私服で用意し全ページのスタイリングを担当した。

 カメラマンには、濱を芸能界デビュー当初から撮影している藤記美帆氏を起用。気心知れたカメラマンとの撮影で肩の力が抜け、自然な表情が引き出されている。発売にあたり、23日に都内で発売記念イベントを開催するほか、30日には大阪と名古屋でもイベントを行う。

■濱正悟コメント
 いつも応援ありがとうございます。おかげさまで、またカレンダーを出させていただきます。全部自前の服で挑みましたが、12ヶ月分用意するのはいい経験になりました!
 いつもお世話になっているスタッフさん達と自由に楽しく作れたので、それが写真に出ている気がします。特に決め込んで作っていないので、このページはどういう設定で何してるのかとか自由に想像しながらお楽しみください!


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。