米ウォルト・ディズニーが始めた定額の動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」=12日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは12日、米国などで定額の動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」を始めた。月額6・99ドル(約760円)。モバイル端末やサービスに対応したテレビで楽しめる。「ディズニー」や「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」の人気作品が売りで、米動画配信大手ネットフリックスに対抗する。

 ディズニーはこの日、カナダとオランダでもサービスを開始した。2年以内にほとんどの主要市場で展開する見込み。日本での開始時期は明らかにしていない。