愛知県がんセンターは13日、70代の男性患者が抗がん剤の副作用でB型肝炎が再活性化した際に必要な検査を忘れ、適切な治療ができず、1月に死亡したと発表した。