東京五輪代表1次選考会で的を狙う山本博(左から2人目)=夢の島公園アーチェリー場

 山本博

 アーチェリーの東京五輪代表1次選考会は13日、本番会場となる東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場で行われ、男子の1984年ロサンゼルス五輪銅、2004年アテネ五輪銀メダリストで57歳の山本博(日体大教)は16人中15位に終わり、6度目の五輪出場を逃した。

 男子は12年ロンドン五輪銀メダルの古川高晴(近大職)ら、女子は昨年のアジア大会で混合リカーブを制した杉本智美(ミキハウス)らが上位12人に入り、14日の競技で2次選考会に進む男女各8人が決まる。

 2次選考会は来年3月21、22日に、最終選考会は4月11、12日に開催され、男女の代表各3人が決定する。