ファミリーマートが、24時間営業を原則とするフランチャイズ加盟店との契約を改定し、営業時間の短縮を原則認める方針であることが13日、分かった。ファミマは10月から時短営業の実験を約600店で継続していたが、検証結果が出る前に時短容認の方針を明確に打ち出す。対象はほぼ全店で、2020年3月にも契約を改定する。

 14日に沢田貴司社長が東京都内で記者会見して明らかにする。休業時間は午後11時から午前7時までの間で、店側が選択できるようにする見通しだ。一方、24時間営業を続ける店舗の支援金を月額10万円から12万円に増額する方針。