鳥取県警は13日、他人のキャッシュカードでコンビニの現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したとして、窃盗容疑で石井町、飲食店従業員の男(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月27日、鳥取市内のコンビニのATMで他人名義のキャッシュカードを使い、5万1千円を引き出し盗んだ疑い。

 県警によると、7月に鳥取市に住むカードの名義人から「口座から現金が引き出されている」と届け出があった。容疑者は名義人の知人で、カードや暗証番号の入手方法などを調べている。