[磯]<福村>13日、水温19・8度。北西の風からやや強い南東に変わった。上総の東で31~35センチのアイゴ13匹と、二階の東に替わり同型のアイゴ3匹。一番胴裏から五九十、上総東に替わった人は30~32センチのアイゴ3匹と22センチのマダイ1匹。

 <中林>13日、穏やかな釣り日和となった。エンバエ西で35、45センチのチヌ2匹と25センチ前後のガガネ7匹。東で30、35センチのチヌ2匹と30センチの本ハゲ1匹。高崎の高で25~32センチのグレ22匹と30センチのチヌ1匹。

 <伊島>13日、水温22度。午前中は北西の弱い風で、午後から強い南東になり通常より30分早く撤収となった。クラブのグレ釣り大会に85人が参加。グレ8匹までの重量を競い、4隻の渡船の上位者を優先に順位を決めた。優勝は阿南市の岩浅大祐さんでヒナダンで5350グラム(23~40センチを8匹)、2位は那賀町の木内章二さんがタンポの地で4310グラム(27~41センチを8匹)、3位は徳島市の松尾好昭さんが五九十で4260グラム(25~30センチを8匹)、4位は徳島市の粟田政樹さんがクウカバエで3080グラム(23~36センチを8匹)。グレを計量した人は45人で、ビシャゴや穴、鯛バエなどでは45~50センチの大物グレも上がっていた。

 <日和佐>13日、一部の釣果だが、通り岩で25~32センチのグレ7匹。潮が動かなかったせいか、良型は上がらなかった。

 [波止]<津田沖ノ一文字>13日、30~40センチのチヌは赤灯周辺で5匹。別の人が3匹。コーナー周辺で4匹と25センチのグレ1匹。別の2人が各1匹。白灯周辺で6匹。

 <小松島港沖ノ一文字>13日、赤灯付近で沖アミのフカセ釣りで45センチのチヌ1匹。サビキ仕掛けで16~17センチのアジ30匹。アジを餌に40センチのハマチ1匹。赤灯寄りの中央で25センチ前後のグレ15匹。中央付近で25センチ前後のグレ15匹と30センチ前後のチヌ3匹。白灯付近で25センチ前後のグレ20匹。(県釣連盟報道部)