和牛の受精卵と精液が不正に中国に持ち出された事件で、家畜伝染病予防法違反ほう助などの罪に問われた流出元とされる吉野川市の元牧場経営の男(70)は13日、大阪地裁(増田啓祐裁判長)での初公判で起訴内容を大筋で認めた。検察側は懲役1年2月、追徴金473万円を求刑し、即日結審した。判決は12月25日。

 検察側は冒頭陳述で「被告が受精卵などを販売した際、中国・上海行きフェリーで輸出されることを把握していた」と主張。論告で「遺伝子の国外流出は、日本の畜産農家の経営を圧迫しかねない」と指摘した。

 弁護側は「(不正輸出されるかもしれないという)未必的な故意は認める」とした上で、事件後、家畜人工授精師免許の取り消しを徳島県に申請したことを明らかにした。最終弁論で「反省し、長年心血を注いだ畜産業を廃業した」として執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状によると、2018年6月28日ごろ、中国に不正輸出されると知りながら、証明書を添付せずに和牛の受精卵や精液を代金473万円で運搬役の男らに譲り渡したなどとしている。

 事件を巡り、大阪地裁は6月、受精卵と精液を不正輸出したとして運搬役の男2人に有罪判決を言い渡し、確定した。