『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』(12月13日公開)人気YouTuberのオリジナルキャラクターがY学園の生徒役で登場(C)©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2019

 「映画 妖怪ウォッチ」シリーズの6作目となる『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』(12月13日公開)に、「妖怪ウォッチ」に関するさまざまな動画を配信しているはじめしゃちょーら、人気動画クリエイター6人がオリジナルキャクターとして登場する。

【動画】「映画妖怪ウォッチ」最新作、予告映像解禁

 本作は、巨大な学園都市を舞台に繰り広げられるまさかの変身ヒーローもの。友情!青春!熱いバトル!そしてギャグ満載のぶっ飛び妖怪冒険活劇となっている。

 今、小学生のなりたい職業ランキング第3位を誇るYouTuber。人気YouTuberは子どもたちの“HERO”であり、まさに本作にぴったりの存在であることから、コラボレーションが実現した。

 今回コラボするのは、820万人を超えるチャンネル登録者数を持つ人気動画クリエイター・はじめしゃちょー。昨年はゲームアプリ『妖怪ウォッチ ワールド』のイベントにも参加するなど、「妖怪ウォッチ」と馴染みのある存在だ。

 さらに、今最も勢いのある6人組グループ「東海オンエア」のメンバー・虫眼鏡。ゲーム実況、玩具レビューなどさまざまなジャンルで活躍するミラクルぐっち、レオンチャンネル、さとちん、とーまゲームら、若い世代を中心に絶大な人気を集める6人のクリエイターが集結することに。

 「妖怪ウォッチ」全シリーズのキャラクターデザインを手掛ける長野拓造氏が、各クリエイターたちを、主人公・寺刃ジンペイが通うY学園の生徒たちとして描き下ろした。子どもたちにとって、Y学園に紛れ込むクリエイターたちを大スクリーンで探すのも、本作の楽しみの一つになるはず。コラボグッズの販売なども予定されている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。