戦没者遺骨収集事業を巡るシベリア抑留者の遺骨取り違え問題で、厚生労働省は15日、2010年にフィリピンで収集した遺骨2191人分の一部も日本人ではない可能性があると発表した。