米フェイスブックが計画する暗号資産「リブラ」のロゴ(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は15日、半年に一度の金融安定報告書を公表した。米フェイスブックが発行を計画する「リブラ」などの暗号資産(仮想通貨)に関し「利用者保護が重要だ。FRBはリスクを注視していく」と強調した。

 リブラはドルや円などの資産で裏付ける計画。報告書では、リブラなど裏付け資産がある「ステーブルコイン」が世界的に流通するようになった場合、「金融の安定性や金融政策、マネーロンダリング(資金洗浄)対策、利用者保護に関して大きなリスクをもたらす恐れがある」と警告した。