壇上で話すバイエルン・ミュンヘンのルンメニゲ社長=15日、ミュンヘン(ロイター=共同)

 サッカーのドイツ1部リーグのバイエルン・ミュンヘンは15日、暫定で指揮を任されていたフリック監督が少なくとも年内は続投すると発表した。ルンメニゲ社長は「彼を信頼している」と述べ、さらに期間が延びる可能性もあるとした。

 2014年ワールドカップ(W杯)で優勝したドイツ代表でコーチを務めたフリック氏は、コバチ監督の契約解除後に2試合を指揮し、ドルトムントに4―0と快勝するなど2連勝した。(ベルリン共同)