開設3周年を迎えた県の婚活支援拠点・マリッサとくしまは、11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、同日午後1時半から徳島市の徳島グランヴィリオホテルで結婚応援講座を開く。

 結婚事情に詳しいニッセイ基礎研究所の天野馨南子准主任研究員が、少子化対策としての婚活の重要性、企業が社員向けに行う婚活支援の具体例を話す。マリッサの活動に貢献したボランティアや企業の表彰も行う。

 マリッサは2016年7月に開設。登録会員のマッチングや出会いイベントを企画・運営している。10月末時点で981組のカップルが成立し、40組から結婚報告があった。

 参加無料で先着200人。名前と参加人数、企業の場合は社名を明記し、21日までにファクス<088(656)1008>かメール<msc@marissa-tokushima.com>で申し込む。問い合わせはマリッサとくしま<電088(656)1002>。